粒度分布,ガス吸着,化学吸着のマイクロメリティックス|ごあいさつ

触媒特性評価装置

多くの実績と豊かな経験に基ついた、多様な用途に対応可能な製品ラインアップ

全自動化学吸着分析装置 AutoChem II 2920

パルス化学吸着、昇温還元(TPR)、昇温脱離(TPD)、昇温酸化(TPO)などの昇温反応が実施できます。腐食性の強いHClガスに対応可能なモデルもご用意しています。高感度の質量分析計との接続およびソフトウェアの統合も可能です。

全自動化学吸着分析装置 AutoChem II 2920

高圧全自動化学吸着分析装置 AutoChem 2950 HP

AutoChem 2950 HP 高圧全自動化学吸着分析装置は、70大気圧(1000psia)まで触媒特性評価用に設計されており、従来のパルス 化学吸着、昇温還元(TPR)、昇温脱離(TPD)、昇温酸化(TPO)、および反応分析は高圧で測定可能です。

高圧全自動化学吸着分析装置 AutoChem 2950 HP

化学吸着装置 ChemiSorb 2720 / 2750

化学吸着装置 ChemiSorb 2720 / 2750ChemiSorb シリーズ(2720/2750)化学吸着装置は、触媒の開発や品質管理に必要な、化学吸着と物理吸着が実施できます。サンプルに吸収されるガスの量やサンプルの表面から放出されるガス量は、熱伝導検出器(TCD)によってモニターされ、動力学(流動気体動力学)的技術を用いて触媒の特性を測定します。金属分散、活性表面積、BET 比表面積、平均結晶サイズ、表面酸性度もしくは表面塩基度、および第一次運動モデルによる活性化エネルギーなどが計算できます。

マイクロリアクター Microactivity Reactor

触媒の活性や選択性を測定する完全自動化したシステムです。このシステムで、水素化分解、水素処理、異性化、水素化、水素化脱硫(HDS)、酸化、水素化脱窒素(HDN)、ポリメリゼーション(重合)、改質(芳香族化)、水蒸気改質といった多種多様な反応を行うことができます。

マイクロリアクター Microactivity Reactor

ハイスループット全自動化学吸着分析装置ChemiSorb HTP

ハイスループット全自動化学吸着分析装置ChemiSorb HTP全自動化学吸着分析装置ChemiSorb HTPは、金属分散率や活性金属表面積、活性粒子サイズ、触媒物質の表面酸性度を評価することができる化学吸着分析装置です。最大の特徴である6つの並列運転可能な測定ポートにより、複数のサンプルを同時に測定することができ、測定時間の節約だけでなく、省スペースを実現します。

高感度質量分析計MKS Cirrus 2

MKS Cirrus 2 は、便利な卓上型設計で汎用性が高く、多成分の混合ガスを分析する能力を持つ高速レスポンスのオンラインで利用できる四重極型質量分析計です。加熱されたシリカキャピラリーでガスを導入し、ガス組成の変化を迅速に検知して、高感度を実現しました。AutoChem II 2920とAutoChem 2950 HPと接続および同期し、マルチコンポーネントとして利用することができます。

高感度質量分析計MKS Cirrus 2

 

粒度分布,粒子径の測定装置

島津サイエンス東日本株式会社 マイクロメリテックス営業課

住所 〒277-0831 千葉県柏市根戸599 TEL 04-7132-2951

住所 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-20-8 CSタワー5F  TEL 03-6858-4740

お問合せはこちらから

粒度分布,粒子径の測定装置マイクロメリティックス・トップページ