粒度分布,ガス吸着,化学吸着のマイクロメリティックス|ごあいさつ

技術サポート/業種別ソリューション

化学(吸着剤、接着剤、塗料、コーティング剤、石油化学)

化学(吸着剤、接着剤、塗料、コーティング剤、石油化学)比表面積、細孔容積と細孔分布は、工業用吸着剤の品質管理や分離技術の発展に対して非常に重要であり、吸着剤の選択性に影響します。一方、顔料とフィラー粒子の比表面積は、塗料やコーティング剤の光沢度、テクスチャ、色、色の彩度、明るさ、固形分と成膜の附着力に影響を与えます。(気孔率は、流動性、乾燥や凝固時間と膜厚などの塗料の性能を制御することができます)

触媒

触媒触媒の活性表面と細孔構造は反応速度に著しく影響を与えます。触媒の細孔径を制御することよって必要とする分子のみを進入または通過させ、主要な生成物を得るために予測した触媒の促進作用に発揮します。(化学吸着測定は、特別用途の触媒選択、工業用触媒の品質管理、触媒交換時期の確定に有効性なテストであり、貴重な価値があります)

炭素材料(活性炭、カーボンブラック)

炭素材料(活性炭、カーボンブラック)自動車オイルの回収、塗料溶剤回収及び下水の汚染防止に活性炭の気孔径と比表面積は、非常に狭い範囲内に制御する必要があります。タイヤの摩耗寿命、摩擦性や性能は、添加されたカーボンブラックの比表面積や空隙率に関連付けられています。

飲食業界

飲食業界食品の天然成分の水蒸気吸着量は、食品添加材の安定性および固まる速度に関連しています。ミルク、コーヒー、チョコレート、ビール、エマルジョンの粒度分布は、味、色、光沢度などに影響します。

建築材料

建築材料遮熱板や断熱材の比表面積と気孔率は、材料の重量や機能に影響を及ぼします。コンクリート、セメントなどの建築材料の拡散性、浸透性と毛細管現象による流動性は、分解過程で非常に重要です。これらの性質は、粒子径、比表面積、細孔分布、密度、空隙容積などと関連します。

化粧品

化粧品微粒子の凝集で粒度分布を測定するに困難となった場合、比表面積を測定することによって粒度分布を予測するために使用することができます。

薬物

薬物比表面積気孔率は、薬剤精製、処理、ミキシング、錠剤化や包装機能に重要な役割を果たしています。有効期限、溶解性と有効性は、各材料の表面積と気孔率に依存しています。

セラミックス

セラミックス比表面積と気孔率は、陶の胚の加工と硬化処理の中で完成品の強さ、質感、外観、密度に影響を与えます。釉薬及びガラス原料の比表面積が収縮、クラック、表面の不均一な分布に影響を与えます。

 

粒度分布,粒子径の測定装置

島津サイエンス東日本株式会社 マイクロメリティックス営業課

住所 〒277-0831 千葉県柏市根戸599 TEL 04-7132-2951

住所 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-20-8 CSタワー5F  TEL 03-6858-4740

お問合せはこちらから

粒度分布,粒子径の測定装置マイクロメリティックス・トップページ