粒度分布,ガス吸着,化学吸着のマイクロメリティックス|製品紹介

AutoPore IV シリーズ 細孔分布測定装置

製品概要

このページを翻訳
英語
イタリア語

この商品は、株式会社島津製作所の取扱商品です。
島津製作所へのリンク

Micromeritics 社の AutoPore IV 9500 シリーズは、水銀圧入法でさまざまな圧力レベルを試料へ加えることによって物質の気孔率を測定します。試料中の細孔へ水銀を浸透させるのに必要な圧力は細孔径に反比例します。この方法は水銀細孔分布または「水銀圧入法」とよばれています。

AutoPore IV シリーズでは、強化改良されたデータ整理とレポートパッケージ、迅速な圧力ランプ速度、柔軟で制御可能な真空システムおよび高圧および低圧を共に生成できる設計改良によって高品質の分析データを提供します。

機能

  • 0.003から500 µm までの細孔径の測定が可能です。(設定により1,000µm付近まで可能)
  • 試料のスループットを増加させるため、2つの低圧用ポートと1つの高圧用ポートまたは4つの低圧用ポートと2つの高圧用ポートが利用可能です。
  • 33,000 psi または 60,000 psi モデルが利用可能です。
  • 低騒音高圧生成装置を装備しています。
  • 屈曲度、浸透度、圧縮率、微細管率、フラクタル次元、Mayer-Stowe粒径などを含むデータ整理パッケージが強化されました。
  • スキャン平衡モードおよび時間(速度)平衡モードでの操作が可能です。
  • 水銀圧入および圧出体積 0.1 µL以上の極度な高解像度データを取得可能です。

参考文献:

*注記:水銀浸透圧入法で測定が可能な最大細孔径は、複数の要素によって異なります。重要な制限要素には 1)水銀と試料の接触角度 2)圧力を加える水銀の体積と試料物質の体積の押圧勾配があります。- イタリア語翻訳

  • 参考文献情報

ポスターは pdf 形式でダウンロード可能です。
水銀浸透圧入法の理論(英文)

 

Mercury QuikVac携帯型水銀漏洩バキューム装置も利用可能です。(英文)

粒度分布,粒子径の測定装置

島津サイエンス東日本株式会社 マイクロメリティックス営業課

住所 〒277-0831 千葉県柏市根戸599 TEL 04-7132-2951

住所 〒111-0053 東京都台東区浅草橋5-20-8 CSタワー5F  TEL 03-6858-4740

お問合せはこちらから

粒度分布,粒子径の測定装置マイクロメリティックス・トップページ